未分類

風呂のふたに出たカビのおすすめの落とし方!その後の予防も大事!

お風呂のカビ厄介ですよね。

できるだけ暖かいお湯でしっかりお風呂に
入りたいですよね。

少しでも暖かい状態を保つためには欠かせない
お風呂のふた。

ですが気づいたらふたやふたの周りのゴムのところに
カビが出てきてた…という経験をした人も多いかと
思います。

カビキラーを使ってみるけどなんだか
まだ少しだけカビが残っている気がすると
かんじた人もいるのではないでしょうか。

カビは体にもよくないのでできればしっかり落として
綺麗にしたいところです。

今回はお風呂のふたに出てきたカビを綺麗に
落とす方法とそのあとカビがまた出てこない
ようにするための予防の仕方を詳しくお伝え
できればなと思います。

スポンサーリンク
  

風呂のふたに出たカビのおすすめの落とし方!

お風呂のふたに出たカビは塩素系がよく効いて
カビを落としやすいです。

そこで塩素系漂白剤を使うのですがキッチンハイターが
普段から見慣れていて手軽に買う事ができるのでこちらを
おすすめします

まずはこれからカビのついたふたなども触るので
念のためしっかりゴム手袋をつけましょう

しっかりゴム手袋をつけれたら次に浴槽の三分の一
ぐらいまで水を張り、キッチンハイターなどの
塩素系漂白剤を溶かします。

水は残り湯でも大丈夫です。

次にその中にふたを入れて浸け置きにして
1時間ぐらい放置します。

この1時間ぐらいの放置で実はもうほとんど
カビは落ちてしまいます^^

ですが念のため1時間ぐらい浸けた後にスポンジに
キッチンハイターなどの塩素系漂白剤をつけて
ごしごし洗うと綺麗にカビと湯垢までも取れます。

スポンジで洗う際もゴム手袋はつけましょう。

最後にしっかり水で流せば完了です。

1時間ぐらい浸けただけでも十分綺麗になりますが
スポンジと水洗いまできっちりやっておく方が
しっかり落とせるので少し面倒でもここまでやるのを
おすすめします^^

風呂にカビが!カビキラーのメリットデメリット!

カビを綺麗に落とすにはキッチンハイターなどの
塩素系漂白剤がいいですが場合によっては
カビキラーの方がいい場合もあります。

それが黒カビです。

お風呂のふたに出たカビはほとんどが黒カビで
先ほどのやりかたで十分綺麗になりますが、
カビの根が深く入り込んでいるなどの場合は
カビキラーの方が強力ですのでおすすめです

もともと黒カビにはカビキラー!と言われる
ぐらいですのでやはり効果は物凄いです。

スポンサーリンク

ですがカビキラーにも種類がありますので
ゴムパッキン用(ジュエルタイプ)のカビキラー
買いましょう。

泡タイプのものもあるのですが吹きかけた時は
いいのですが、時間が経つと徐々に流れ落ちて
いき効果が薄れてしまします。

ですのでジュエルタイプのカビキラーを使い
しっかり塗布してしばらく放置しましょう。

数時間(できるだけ長い方がいいです)放置した
後はしっかり水で洗い流しましょう。

カビキラーはかなり強力ですが体にはよくないので
こちらも使う場合は必ずゴム手袋をつけて換気も
忘れずにして使ってください

家庭用なので塩素濃度が薄めにされていますが
害を及ぼす可能性もゼロとは言い切れないので
使う場合も最後の手段にするのがいいかと思います。

風呂のふたにカビを出さないためには予防が効果的!?

ここまですればすっかりカビも落ちて綺麗になります^^

カビの落とし方がわかったので次もしカビが出てきても
また綺麗にすればいいですが、できればカビが出ない
事が一番だと思います。

カビはしっかり予防すればなかなか出てきませんので
どうすればカビが出ないかお伝えしていきますね

まず一番は乾燥させることです。

カビが出てくるのは湿気などが原因で湿ってしまっている
から、そこからカビになっていきます。

ですのでお風呂からあがったらまずは水で流して
しっかり水をふき取る。

あとは浴槽のふたを閉めないであけておき
扉もあけてしっかり乾燥させれば完了です^^

今回はふたの話でしたがお風呂場全体の湿っている
部分はふき取っておいた方が全体的にカビになり
にくくておすすめです。

もし自宅のお風呂場に窓がある場合は開けておくと
よりカビの予防になりますよ。

(泥棒などには注意してください)

要は風呂場の換気を心がければカビにならないので
しっかり換気をできるようにがんばりましょう!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

お風呂のふたにカビが出た場合は浴槽に三分の一
ぐらい水を張りキッチンハイターなどを溶かし
1時間ぐらい浸け置き!

そのあとスポンジにキッチンハイターをつけて
ごしごし洗うと簡単にカビと湯垢も取れる!

最後に水洗いも忘れずに!

カビが根深い場合はジュエルタイプのカビキラーもあり!

カビキラーは強力だが体に害がゼロではないので
使い方に気をつけて最後の手段で使おう!

カビは予防が一番大事なのでお風呂の後は
しっかり水をふき取りお風呂場全体を乾燥させよう!

カビの除去と予防大変ですががんばりましょうね^^

スポンサーリンク