お風呂のお湯を最高温度にしても温度が低い・ぬるい原因は?体験談あり!

寒い時期になるといつも以上に暖かいお風呂に
入りたくなりますよね。

シャワーでも湯舟でも一日の疲れをお風呂でし
っかり回復させたいものです。

ですが、お湯が出ると言えば出ているけど設定
している温度ほどではない…なんか少しぬるい
とかんじたりしていませんか?

実は私もこれでして、42℃で設定しているのに
なんだか少しぬるい気がする。

温度を更に上げれば温かいお湯が出るけどやっ
ぱり設定している温度より低い。

故障かな?と思いましたがちゃんと原因があり
わずか10分もかからず直す事に成功し設定した
温度のお湯が出るようになりました!

お湯の温度が設定している温度よりなんだか低
い・ぬるい原因と直せる方法をお伝えしていき
ます。

スポンサーリンク
  

お風呂のお湯を最高温度にしてもぬるい原因は?

お風呂のお湯が設定している温度の通り出ない
と困りますよね。

特に寒い時期になりますとぬるいお風呂に入る
なんてしたくないものです。

しっかり温まりたいのに42℃設定してもぬるい。
通常なら熱すぎると言う人もいる温度です。

私の場合は42℃でぬるかったので45℃に上げた
りしたところ、それからしばらくは暖かい(熱い)
お湯が出ました。

ですがまたしばらくするとなんだかぬるくなっ
てる気がする。。

と言うのを何度か繰り返すうちにとうとう50℃
まできてしまいました。

薄々変だなとは思っていましたが流石にこれは
おかしいと思い、何か原因があるはず!最悪、
修理を頼むしかないかなとなりました。

そこで、この現象を調べていくうちにいくつか
考えられる原因がわかりました!

その前にまず確認して頂きたい事があります。

①お風呂以外で熱いお湯が出るか
水道などお風呂以外でしっかり熱いお湯が出る
か確認してみて下さい。

もし水道などで熱いお湯が出てお風呂では出な
い場合はやはりお風呂に原因があります。

②給湯器の温度設定
今回の場合はおそらくないと思いますが念のた
め給湯器の設定温度がちゃんと自分がしたい温
度になっているか確認しましょう。

家族がうっかり設定をいじっている可能性もあ
ります。

この2つを確認してみて下さい。

①の通り水道なので熱いお湯が出るのにお風呂
ではぬるくなってしまう場合原因は以下のどれ
かです。

1、サーモスタットの故障
サーモスタットとは温度調節器です。
この場合は厄介で修理を頼む必要が出てきます^^;

ですが結構値段もしますのですぐに修理には出
さず、まずは次に紹介する原因を確認してみて
下さい!

2、温度調節ハンドルがずれている
お風呂で温度を調整する時にハンドルを回しま
すよね。

これが長い年月で使っていると少しずつずれて
いき設定した温度と違う温度になってしまう場
合があります。

例えばですが

私たちが調整した温度が42℃でも実はハンドル
がずれてしまっているので39℃になってしまっ
ている場合があると言う事です。

もしこれならハンドルを分解してこのずれを元
に戻せばいいので簡単に直せます
^^

私の場合はこれが原因で42℃に設定してもぬる
い温度になってしまっていたのが原因でした。

お風呂のお湯の温度が低い・ぬるいの直し方!(体験談あり!)

では先ほどの

”2、温度調節ハンドルがずれている”

この直し方を詳しく体験談も交えながらお伝え
していきますね。

①お湯を出します
温度調節ハンドルを最高温度(あつい側)に限
界まで回します。

私の場合は安全ボタン(画像の赤いでっぱり)
のところでこれ以上は指で押さえながら回さな
いと進みませんのでここまで。












そしてお湯を出してみてだいたいでいいので
触ってみた感じの温度を覚えておいて下さい。

私の場合画像の通り42℃ぐらいなのにぬるか
ったです^^;

スポンサーリンク

②温度調節ハンドルを分解していく
分解と言ってもかなり簡単です^^

まずはこのようなドライバーを用意。












100均などで売っています。

③ばらしていく
温度調節ハンドルを横から見た図です。
(わかりにくくてすいません)












この温度調節ハンドルに小さい四角があるのわ
かりますでしょうか?

この四角の穴の中に精密ドライバーなどの先の
細いものを使って入れて手前に引くと取ること
ができます。

結構すんなり取れるかと思います。

④取れたら中にねじが見えます
先ほどの四角から分解できたら中にねじが見え
ます。

このねじもドライバーを使ってはずします。

これは結構固くて取るのが大変かもしれません。

私の場合はかなり昔から住んでいてお風呂も古
いので、さびてきていたのもあり結構固く大変
でした。

⑤ねじが取れると温度調節ハンドルも取れる
ねじが取れると少し引っ張るだけで温度調節ハ
ンドルも取れます。

これで部品を外すのは終わりです。

全部外すと部品はこんなかんじになりました。








・1番左が最初に四角の穴から手前に引き出したもの

・左から2番目がねじですね

・左から3番目が温度調節ハンドルの片割れです

・一番右が温度調節ハンドルの本体ですね

ちなみに温度調節ハンドルの部品を外したら
こうなってました。







⑥あとは歯車を調整していきます
わかりにくいですが手前のでっぱりが歯車にな
っています。

この歯車が年数を重ねてずれてしまったわけで
す^^;

先ほどの温度調節ハンドルの本体だけをはめて
最高温度(あつい側)まで回し切ります。

先ほどと一緒で安全ボタンまでで私の場合は
42℃ぐらいですね。

ここもさびている可能性があるので結構固く大
変かもしれません。

どうしても厳しそうでしたら油を使うと回しや
すくなりますよ。

⑦最高温度(あつい側)までできたらお湯を出す
私の場合は42℃が最高温度なので試しにお湯を
出してみたところ、明らかにさっきより熱く体
感でも42℃ありそうでした!

ここで温度がずれていないかんじでしたら完了
です^^

⑧あとは歯車がずれないように元に戻していく
戻していくのはかなり簡単です。
気をつけるポイントは温度調節ハンドルの片割
れに赤い印があるかと思いますが、ここをしっ
かり真ん中に来るように戻しましょう!












こんなかんじです!

⑨取り付け後もう一度お湯を出して温度チェック
取り付けが完了したらもう一度温度を確かめま
しょう。

しっかり調整通りの温度になれば無事完了です。

お疲れさまでした^^

まとめ

いかがでしたでしょうか?

温かいお湯に入りたいのにぬるいお湯が出ると
イヤですよね^^;

修理に出さなきゃと思うかもしれませんが案外
簡単に直せる場合も多いです。

ドライバーを揃えたり固くなったねじを外すの
は大変かもしれませんが、直せる可能性もある
ので頑張りましょう!

温かいお湯でお風呂に入り癒してくださいね^^

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする